知っておきたいIHの基本特長

IHは火がないのに、高火力なのはなぜ?
その秘密は、200Vのハイパワー高い熱効率にあります。
IHとは、電磁誘導加熱(Indution Heating)のこと。磁力線の働きで、鍋全体をヒーターのように発熱させます。IHクッキングヒーターはガスのハイカロリー大バーナーに相当する高火力。鍋を直接発熱させることにより、エネルギーの伝導ロスが極めて少ないから、高い熱効率と200Vのハイパワーで、高火力を経済的に実現しています。また炎がないので、発熱ロスを蒸気として出さないから、夏場でキッチン環境は快適です。
※IHクッキングヒーターをお使いいただくには、200Vの電気工事が必要です。
IHクッキングヒーターはお手入れが簡単って本当?
ゴトクや受け皿がない平らなトッププレートだから毎日のお手入れがグッとラクです。
ふきこぼれてもサッと拭くだけ。油の飛散が少なく台所周辺や壁、換気扇などのベタベタも軽減されます。またCO2など燃焼ガスが発生しないので、室内空気がクリーンに保てます。でも、いつまでもきれいに使っていただくために、ふだんからこまめにお手入れをしてください。
IHクッキングヒーターにすると、今までの鍋を全部買い替えなくてはいけないの?
鉄ホーロー鍋、ステンレス鍋・鉄鍋なら使えます。
土鍋や陶磁器、耐熱ガラス、アルミは使えませんが、お持ちの鉄ホーロー鍋、ステンレス鍋、鉄鍋も使えます。お求めになる場合は、メーカー推奨品や(財)製品安全協会マークのある鍋をおすすめします。
※なお、鍋底がそろったものや、中華鍋のように丸いものは使えません。またへこみが激しいものは温度過昇防止機能が働きにくくなります。

アルミや銅の鍋も過熱できるIHクッキングヒーターについて

従来型IHクッキングヒーターよりも制約があるの?
このタイプのIHは使える鍋が大きく広がったため、それに伴い一部従来型IHクッキングヒーターにはなかった使用上のご注意が必要になり、注意事項が従来機種より増えています。しかし新たに加わったこの注意事項は新しく過熱できるようになった鍋についてのものであり、従来型IHクッキングヒーターの良さを生かしながら、使える鍋を拡大した商品です。
アルミや銅の鍋は、お湯の沸く時間がおそくなったの?
従来型IHクッキングヒーターで使用可能であった鍋に比べると、このタイプのIHにて新たに使えるようになった鍋の過熱効率は若干低下します。
銅の鍋は鍋底が傷むというのは本当ですか?
ごくまれに薄手の鍋では、他の熱源と同じように変形する場合がありますが、一般的な銅の鍋では、湯沸かし中に変形することはありません。
チタンのフライパンを使うと、赤熱する危険があるの?
チタンの鍋は薄ければ赤熱することもあります。これはチタンといいう素材の熱伝導が低いことが原因で、赤熱することは他の熱源と同じです。
周波数が上がると電磁波の出る範囲も広がるの?
従来型IHクッキングヒーターも同じことですが、周波数が上がったことで、電磁波の出る範囲がその分増加することにはなりません。単に過熱周波数を変更しただけで、電磁波が強くなったり、出る範囲が広がったりすることはありません。

IHクッキングヒーターを正しくご理解いただくために

IHクッキングヒーターは揚げ物が上手にできるって本当?
きめ細かな温度制御でカラっとおいしく揚げられます。
カラっとおいしい揚げ物のコツとしては、油の温度を一定に保つことと油の量が適正なことが必要です。IHクッキングヒーターでは揚げ物キーを押して温度を選ぶだけでOK。材料を入れて温度が下がっても素早く温度復帰し、適性温度をキープします。サクサクおいしい揚げ物はIHクッキングヒーターの得意技です。
※メーカー指定のIH専用鍋または附属の専用天ぷら鍋をお使いください。
炒め物やステーキもおいしく作れるの?
炒め物やステーキは“適度で安定した強火”で加熱することがおいしさのコツ。IHクッキングヒーターの得意メニューです。
200VのIHは、2kWの火力で炒め物やステーキ、中華にも充分の高火力が得られ、おいしく調理できます。なお、おいしく作るためには充分な火力が大切ですので、薄手の鍋や反った鍋を使わないでください。また、空焼き状態になると、安全のため保護機能が働き、火力が落ちる場合もありますのでご注意ください。
のりやするめはあぶれないの?
IHではあぶり焼きはできません。
IHクッキングヒーターにはあぶり焼きに便利なラジエントヒーター(赤熱ヒーター)が付いているものが多くありますので、それらの商品をお選びください。
鍋底だけを強力に加熱して、鍋がすぐに傷んだりしませんか?
IHに適した鍋で適切にお使いいただければ、鍋がすぐに傷むようなことはありません。
通常は鍋底の温度が異常に上がると自動的に通電をコントロールするので、温度が上がり過ぎて鍋がすぐに傷む様なことはありません。 ただし薄くても発熱しやすい鍋を2kW以上の高火力で急激に加熱したり、もともと鍋底に反りがある場合は鍋底が変形することもありますのでご注意ください。
煮こみや温め直しで注意することはありますか?
他の調理器具と同様に加熱調理の一般的注意事項ですが、カレーや味噌汁などをかき混ぜずに強火で一気に加熱すると、ふきこぼれたり飛び散ることがあります。
カレーやミートソースなどとろみのある料理や味噌汁をかき混ぜずに強火で一気に加熱すると、蒸気が噴き出し飛び散るなどの“突沸現象”が起こることがあります。
これはIHクッキングヒーターに限らず加熱調理器具全体で起こる現象で、固まっているカレーやソースが局部的に沸騰して気泡が鍋から飛び出すからです。取扱説明書には使い方のお願いとして記載していますが、次のことに注意して、沸騰したら、飛び散らないように火力を下げてください。
温め直しの際は、お玉などでよくかき混ぜながら温めてください。強火で一気に煮立てないでください。
電磁波の心配はありませんか?
IHクッキングヒーターの電磁波(磁界強度)は国内外のガイドラインを大幅に下回っています。
平成15年(財)家電製品協会での測定結果からも、IHクッキングヒーターからの磁界強度は商用周波数帯(50/60Hz)において5μT(5mG)以下で加熱周波数帯(数10kHz)において2μT(20mG)以下であり、国際的なガイドラインである国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の値[50Hz:100μT(1000mG)、60Hz:83.3μT(833mG)、0.8Hz~150kHz:6.25μT(62.5mG)]を大幅に下回っています。
なお、IHクッキングヒーターから発生する電磁波の強度は、昔からご愛用いただいている一般の電器製品と同じレベルです。
※測定方法:IEC62233CDドラフトによる、距離30cm、直径12cmの鍋

電磁波について詳しくは、JEMAホームページ家電製品と電磁波 をご参照ください。
※心臓用ペースメーカーをお使いの方は、念のため専門医とご相談の上、お使いください。


IHクッキングヒーター 調理のコツ

●煮物のときは?
鍋底の温度が高いので、ときどきかき混ぜて焦げつかないように注意しましょう。味をふくませコトコト煮る場合は、タイマーを目安に使うと焦げ付きや消し忘れなどがなく調理できます。

●炒め物は?
フライパンをあおらなくても、ヘラなどで混ぜると高火力でも焦げ付かずに出来上がります。少量の油を入れて予熱する場合は、火力を弱めにして加熱し過ぎないように注意しましょう。火力が強いため、予熱が短時間ですむので、材料の準備を整えてから、予熱を始める事がポイント。予熱し過ぎによる焦げ付き、鍋の変形を防ぎ、手早く調理できおいしく仕上がります。「予熱はおやめください」と記述のある製品もありますので、取扱説明書をよくお読みください。火力が強いため、鍋の空焚きを行うと温度過昇防止機能が働き、鍋が冷えるまで、火力が入らない場合があります。

●ゆでるときは?
沸騰したらすぐにヒーターを切るか、火力を下げましょう。沸き立ちが強いので、沸き立っている湯に塩を入れるときは、火力を落とすと、ふきこぼれや湯の飛び散りがありません。タイマーを使うとおいしく作る目安になり便利です。

●揚げ物調理は?
安全のために、必ず附属の天ぷら鍋、またはメーカー指定のあっせん天ぷら鍋を使用し、油はメーカー指定の量を入れて調理してください。油の温度は機材に合わせて決めます。一回に揚げる量は、控えめにしましょう(油の表面積の1/2程度を目安)。 調理のコツについて詳しくは、JEMAホームページIHクッキングヒーター使いこなし知っとくガイド をご参照ください。